ハーネス制作の秘訣

  1. HOME
  2. ハーネス制作の秘訣

ハーネス制作の秘訣

検査時のポイント(導通検査)

検査時のポイントは大きく分けて導通検査、点灯検査、音検査の3種類があります。
まずはじめに導通検査のポイントについて解説します。

point_15_02.jpg

写真はチェッカーという導通検査に使用する検査機器です。
以下に工程順に導通検査のポイントをご説明いたします。

>>もっと詳しく

2010年7月15日 21:06

検査環境の整備

検査時において最も重要なポイントが作業環境の整備です。

>>もっと詳しく

2010年7月15日 21:02

ペーストの活用

半田作業を行なう場合のポイントを解説いたします。

>>もっと詳しく

2010年7月15日 20:56

半田コテ温度の管理

point_12_02.jpg

パソコン等の電子機器に使用されるハーネスは
ピンが非常に細く繊細です。
半田する場合には
以下のポイントに注意して組み立てます。
(写真は雄側のケーブル)熱伝導

>>もっと詳しく

2010年7月15日 20:50

電線保護テーピングのポイント

コネクタに配線された状態でテーピングをする場合に注意しなければならないのが以下です。

>>もっと詳しく

2010年7月15日 20:43

1  2

特殊ケーブル・ハーネス製作の事例

もっと詳しく

結線トラブルを防ぐ!ハーネス製作の秘訣

もっと詳しく

  • 無料サンプル製作サービス
  • ケーブル組込サービス